検品作業とは?

検品作業でどんな依頼があるの?


  • 輸入商品の中身の汚れを見て欲しい。
  • アパレル商品の検針を行って欲しい。
  • 商品についているチャックで空かないクレームが。開け閉めの不具合を検品してほしい。
  • 商品の印刷部分(ロゴやキャラクター)の確認を全品して欲しい。
  • 飲料ボトルの飲み口の凹凸の確認をして欲しい。
  • 書籍のあるページに印刷ミスが。訂正シール貼りを行って欲しい。
  • 輸入品で先方に収めたが、入り数が不備があるとのこと。カートン入り数の確認をして欲しい。
  • 折りたたみ傘の開閉の確認をしてほしい。
  • 電化製品などの付属品の確認をして欲しい。

【輸入商品の中身の汚れを見て欲しい。】

〇 ほとんどの商品が海外での生産になっている昨今では、日本で輸入商品を流通しようとすると、日本人の感性での商品の検品が必要とされてます。様々な視点での様々商品の検品を行います。

また、輸入の際のコンテナ荷受(デバンニング)も行います。

 

【アパレル商品の検針を行って欲しい。】

〇 アパレル商品の検針は、主に弊社の 通販物流サービスにおける業務の中で行ってます。

輸入服の検針、アイロン掛け、ハンガー掛け、補修など、を毎日対応させていただきながら、スタッフの作業の対応スキルを磨いてきました。    → 通販物流サービスはこちら

 

【商品のチャックの開閉の不具合を検品してほしい。】

〇 雑貨などのチャック付きの輸入品はチャックの開閉による不具合もあります。開閉がしっかりできるかの検品を行います。検品作業時に、化粧箱に入っている商品は、化粧箱の角落ちなどによる、化粧箱の入れ替え検品なども同時に行いました。

 

【商品の印刷部分(ロゴやキャラクター)の確認を全品して欲しい。】

〇 輸入品の商品へのロゴやキャラクターの印刷の瑕疵検品を行います。印刷が薄くなっていたり、商品への印刷位置のズレがあったりしました。

 

【飲料ボトルの飲み口の凹凸の確認をして欲しい。】

〇 キャンペーン景品などで利用される飲料ボトルの飲み口の凹凸の検品。景品を配布後に凹凸による怪我などを防止するためでした。

 

【書籍のあるページに印刷ミスが。訂正シール貼りを行って欲しい。】

〇 印刷会社さんが納品後に発生するケースが多いです。納品後に、印刷の不備や文章の違いなどが判明して、訂正シール貼りを行いました。書籍などは、〇ページの△行目のとか細かい作業になります。

訂正シールの数と訂正箇所の数を作業前にきちんと合わせておくことが大切です。

 

【輸入品で先方に収めたが、入り数に不備があるとのこと。カートン入り数の確認をして欲しい。】

〇 主に卸をメインとしているメーカー系の業種様からの依頼が多いです。

卸先に収めたが、カートンによって入り数に増減が。海外生産の雑貨などに起きているようです。

 

【折りたたみ傘の開閉の確認をしてほしい。】

〇 折りたたみ傘の開閉や、傘の汚れなどの検品を行いました。こちらもクライアント様が納品後に不備が発覚して、急ぎで回収から検品を対応させていただきました。

 

【電化製品などの付属品の確認をして欲しい。】

〇 電化製品などの付属品の検品や、保証書などの添付などを行いました。メジャーではない電化製品の依頼が多いようです。

 

 

                             → ”検品作業の実績”は、こちら

 

                                  ”流通加工とは”に戻る